第5回「文法の日」セミナー

●文法の日とは・・・
 帯広の加盟校ジョイ・イングリッシュ・アカデミーの浦島先生の呼びかけでスタートした「文法を学ぶ日」です。
 毎年4月から5月に、全外協加盟校とその仲間が協力して、全国各地で文法に関するセミナーやイベントを開催します。

 語学学習に「文法」が大切なのはなぜでしょうか。
 その理由は「文法を正しく理解することで、正確な文章力が身につくと同時に、発話に自信がもてるようになり、会話力が向上するから」です。語学を学習する上で、文法を正しく理解することはとても大切なのです。

 英語、中国語、韓国語、イタリア語、フランス語など、言語の種類は問いません。「文法をもっと知りたい! 文法アレルギーを治したい!」そんな学習者の方々にぜひご参加頂きたいセミナーです。

 「こんなイベントだったら参加してみたい。」「こんなセミナーを企画してほしい。」など、みなさまからのご意見やリクエストも受け付けておりますので、どんどんご意見をお寄せください。
 加盟されていないスクールさんのご協賛も大歓迎です!

本件に関するお問合せ先: 全外協「文法の日」事務局
TEL:03-3354-2157  E-mail:zgk1991@topaz.ocn.ne.jp

 ●ジョイ・イングリッシュ・アカデミー 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月10日(日)
■会場ジョイ・イングリッシュ・アカデミーA館 203
★プログラム
[1]初級講座 「英語は3で割り切れる!」
[2]中級講座 「英単語には2種類ある!」
■講師晴山 陽一 氏(作家・英語教育研究家)
セミナー内容
JOY01 今年ジョイは、著書が100冊を超える晴山陽一先生を講師にお迎えしました。
初級講座、中級講座の両講座ともそれぞれ定員の40名が参加。中には遠く札幌や沙流郡平取町からも参加者がありました。
 初級講座では、「英語は3で割り切れる!」というユニークなテーマのもとに講座がスタート。英語は基本的には「3文型」であるということ。文の構造は〈語、句、節〉の3層構造でできていること。さらに文法が何の役に立つのか、音との密接な関係等。盛り沢山の90分でした。
 続いて中級講座。テーマは「英単語には2種類ある!」ということで提示されたのが「閉鎖系の単語」「開放系の単語」。英語と日本語との語順(話の進め方)の違いにも触れ、参加者はメモを取りながら頷いたり、首を傾げたり、と、こちらも密度の濃い講座となりました。
●晴山陽一(はれやま・よういち) ----- profiles
晴山陽一先生1950年東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科(ギリシャ哲学専攻)卒業後、出版社に入社。英語教材の編集、経済雑誌の創刊、学習ソフトの開発などを手がける。元ニュートン社ソフト開発部長。1996年、自作ソフト『大学受験1100単語』普及のため「英単語速習講座」を主催、全国各地で受験生の指導にあたる。
1997年に独立し、精力的に執筆を続けている。主な著書に『たった60単語の英文法』(青春文庫)、『英文法練習帳』(ちくまプリマー新書)、『英単語速習術』(ちくま新書)、『すごい言葉』(文春新書)、『英語ベストセラー本の研究』(幻冬舎新書)、など100冊を超える。
ここ数年は雑誌や新聞への連載、ポッドキャスト番組やオーディオブックの制作、ビデオ教材への出演、山手線・中央線で流されているトレインチャンネルへのコンテンツ提供(セインカミュの車内英語塾)など活動の場を広げつつ、毎年10冊以上のペースで新著を出し続けている。
晴山陽一オフィシャルサイト:http://y-hareyama.sakura.ne.jp/

 ●ハイツセンター・イングリッシュスクール 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月16日(土)
■会場ハイツセンターイングリッシュスクール2F ポラリスホール
★プログラム「ポップスで学ぶ英文法」
■講師浦島 久氏(ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長)
セミナー内容
hcenglish01 「今日は、きっと凄いことになるよ」という、浦島先生の宣言通り、この日は先生のハートがビシビシと伝わってくる、ノンストップ2時間の熱気あふれるセミナーでした。生徒の皆さんも積極的にレクチャーに参加し、ポップス4曲を通じて、楽しく英文法に触れました。
 東日本大震災の影響でイベントにはなかなか足が向かないという方が多い中、文法の日の開催も危ぶまれましたが、「できるだけ普通に生活をすることが大切だ」という浦島先生のお言葉もあり、少ない人数ながら開催を実現することができました。この日の参加費、ハイツセンターグッズの売り上げ、そして浦島先生の著書の売り上げは全額、日本赤十字社を通じて震災犠牲者の皆さんへの義援金とさせていただきました(合計27,600円)。皆様ご協力有難うございました。
●浦島 久(うらしま・ひさし) ----- profiles
浦島久先生1952年豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産 大学修士課程(農業経済)を修了。
大学卒業後に松下電器産業株式 会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、 1977 年に北海道へUターンし、帯広市にて英会話学校「イングリッ シュハウス・ジョイ」を設立。現在は、ジョイ・イングリッシュ・ アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。
著書として、ベストセラーになった『1分間英語で自分のこ とを話してみる』(中経出版) など23冊がある。うち5 冊は韓国、1冊は台湾で翻訳出版されている。 趣味は、音楽 (ジャズ、ヒーリング系の音楽が好き)、旅行(これまで旅した国は 19ヶ国)、カーリング(世界シニアカーリング選手権2009、2010 に2年連続出場)、写真(被写体は十勝の田園風景)。
ブログ「浦島久の玉手箱」:http://www.joyworld.com/blogs/urashimasnote/

イベント詳細はこちら↓
ハイツセンター・イングリッシュスクール「文法の日セミナー」レビュー:
http://www.hcenglish.com/past%20events.html

 ●渋谷外語学院・日伊学院 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月10日(日)
■会場渋谷外語学院 東京校 / 日伊学院
★プログラム:英語編(中級者以上対象)
“A teacher or THE teacher?”−冠詞や複数形など
■講師Jo Kurosawa
■参加者7名
セミナー内容
・A, An/Theの用法と演習
・Comparative Expressions
参加者の感想
 ひと事で言うと、いい刺激になりました。私は仕事でも普段の生活でも英語を使うことはほとんどなく、趣味で一人で勉強していることが多いのですが、このセミナーは先生がネイティブの方で、教え方(授業の進め方)が上手く、また参加された生徒の皆さんも非常に英語習得に対して意欲的で、質問の数も半端ではなかったです。ですので、授業の内容を含めて参加して非常によかったと思っています。
 週刊STの広告を見て名古屋から参加しましたが、行った甲斐がありました。授業後の抽選会でマーフィーの文法本も当たりましたし。機会があればまた参加しようと思います。ありがとうございました。(N.T.様)

とてもよかったです。普段は大切なことだとわかっていながらあまり深入りすることを避けていたテーマですが、今回受講してみて、やはり a/theの大切さを痛感いたしました。3時間は長すぎるのでは、と受講前は心配でしたが、あっという間に時間が過ぎました。プリント教材もすごくわかりやすかったです。以来英字新聞などでも、a/theに注目するようになりましが。また、他のテーマの講座にも参加してみたいです。(H.K.様)

★プログラム:フランス語編(仏検2級/1級・準1級を目指す方対象)
「代名動詞の根本理解」
■講師大塚 留四郎
■参加者3名
セミナー内容
・10:00〜13:00(仏検2級目指す方対象)
 「このCDはよく売れる」は、Le CD est bien vendu?
・14:00〜17:00(仏検1級・準1級目指す方対象)
 「どうしてこんな形をとるの?過去分詞の性数一致はどうしてこんななの?」   
●「代名動詞」について
1)「自動詞」、「他動詞」の基本的把握
2) 代名動詞の4つの用法についての根本理解
*「再帰的用法」
*「相互的用法」
*「受動的用法」
*「本質的用法」
3)代名動詞の過去時制における過去分詞の「性数一致」について
*「直接目的語」と「間接目的語」の理解と把握
*その他、一部の例外について
参加者の感想
時間:1テーマを熟考できる程よい時間
内容:講義後に例題を回答する流れで、内容が即定着!(M.S.様)

★プログラム:イタリア語編(中級者以上対象)
「関係代名詞」「品詞の順番」
■講師Faliero Salis
■参加者32名
参加者の感想
 文法の日は午前・午後で各3時間の計6時間受講しました。大変充実したクラスであっという間に時間が過ぎ、楽しい授業でした。
 受講人数は通常授業よりも多い約15名でしたが、すぐに講師のFALIERO先生が受講生全員の名前を覚えられ、次々と皆さんから発言を引き出していく姿に一同感激しました。発言しやすい和やかな雰囲気で気持ちよく授業に参加することが出来ました。
 午前のテーマであった「関係代名詞」は、練習問題が結構難しかったのですが、数名の方とグループを組んで考えを出し合ったり、二人ペアで質疑応答の練習を重ねることで、一人で考え込むことなく取り組めました。また、午後の「品詞」に関する授業は、基本的な主語・述語の位置や時間や場所を表す単語の位置などから始まり、直接・間接目的語代名詞、そして命令法など徐々に加えながら様々なパターンを学び、新しい単語や言い回しを学ぶことができました。
他のクラスやスクール等で勉強されている方とも交流ができ、刺激を受けた一日でした。ありがとうございました。(M.N.様)

★プログラム:ドイツ語編(初・中級者対象)
「文法は建物の骨組みのようなものである」
■講師只野 真司
■参加者2名
参加者の感想
 英語とドイツ語の文法の相違点については以前から面白さを感じていました。知識豊富な講師によって解説されるそれは大変興味深いものでした。
 私は、過去に英語もドイツ語も日本語を介さずに学んだので、“なんとなくこんなものなんだろう”と、感覚で覚えた傾向があるのですが、日本語で改めて説明されることによって深く理解することができ、また新たな気付きが多くありました。パズルのピースを埋めるような、気分がすっきりする講座でした。(Y.K様)

★なお、参加費収入総額46,500円は日本赤十字社を通じての東日本大震災義援金といたしました。

 ●CEL英語ソリューションズ 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月3日(日)・4月24日(日)
■会場CEL英語ソリューションズ 東京校教室
■大阪開催5月29日(日)/会場:CoCoアカデミー(CEL提携校)
★プログラム:「文法の呪縛を解く 〜 文法を教えない文法の授業」
■講師曽根 宏氏 (CEL英語ソリューションズ 最高経営責任者)
セミナー内容
 日本人英語学習者が陥りがちな罠。それは、文章を理解する際に、文法で解析して解釈しようとして、「木を見て森を見ず」になり、結局分からなくなってしまうこと。「カッコにくくって、後戻り」〜ネイティブはもちろん、プロの通訳者も翻訳者もそんなことは決してしません!
 今回の文法のセミナーでは、多くの英語学習者がとらわれている次の3つ呪縛を、実際に英語を「読む、書く、聴く、話す」練習をしながら、解き放っていきます。「文法は一切教えない、文法の授業」です。セミナー終了後に「文法の呪い」が解けて、頭がスッキリすることをお約束します!
3つの呪縛
1.英語の文章は5文型を始めとする文法で説明できる
(ネイティブは、5文型の存在すら知らない人も少なくありません。How do you do?を文法で説明しても無意味でしょ!)
2.文法用語で英文を理解する
(みなさんは、母語の日本語を、文法用語を使って解説できますか?)
3.文法が分からないから英語が分からない
(文法が分からなくても、英語の structure と ruleが分かれば英語は分かります!)
●曽根 宏(そね・ひろし) ----- profiles
曽根先生ピダーセン・カマートM&Aコンサルティング 日本代表
CEL英語ソリューションズ 最高経営責任者
※保有英語資格:通訳案内士国家資格・通訳技能検定2級
●経歴
1983年富士通入社。一般人事・海外人事に従事したのち、会社派遣留学一期生としてノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にて学び、MBA取得。帰国後、富士通の海外プロジェクト統括部門で、アメリカでの戦略提携事業に携わる。1992年に富士通退職後、一時期プロの通訳者・翻訳者として活動し、マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパンに転職。経営コンサルタントとして、一貫して海外企業と日本企業の戦略提携・M&Aのコンサルティングに従事。2000年9月に独立、M&Aを専門とするアメリカのコンサルティング・ファームの日本代表として、日米の企業間の戦略提携に携わるかたわら、「英語教育革命の伝道師」を自任して、日本の語学教育に一石を投じるべくCEL英語ソリューションズの設立に参画して活動中。
●これまでの講演実績
NEC、富士通、日本たばこ産業、日産ディーゼル工業、味の素、花王、東京電力、富士ゼロックス、日揮、アンリツ、アルパイン、BASFジャパン等の企業での講演に加えて、日本英語検定協会認定講師として、東京都・大阪府はじめ、全国各都道府県の教育委員会・高等学校英語教育研究会にて、英語教師対象に講演活動を展開。
●著書
品格ある日本人の英語」(ビジネス社)
ビジネスで即使える英文フレーズ365」(マグロウヒル・エデュケーション)
社員をヤル気にさせる英文フレーズ456」(マグロウヒル・エデュケーション)

 ●みらい英語学校「文法の日」公開セミナー開催報告
■開催日4月23日(土)
■会場みらい英語学校
■講師須釜 高雄氏、薩田 眞奈美氏、Philip Blencowe氏 (いずれも本校講師)

★プログラム:[1] 疑問文をものにして会話名人になろう[初級向き]
セミナー内容
質問が上手だと会話が弾みます。でも質問(疑問文)が苦手な人は多いようです。練習次第で質問上手になれます。3時間たっぷり練習しましょう。

★プログラム:[2] 関係代名詞を征して会話名人になろう[初・中級向き]
セミナー内容
「関係代名詞なんて本当に日常使うんですか?」という質問をよく受けます。答は残念ながら「Yes」です。朝から晩までさんざん使います。
●例 文●
☆私は娘が買ってくれた財布が使えません / I can't use the purse my daughter bought me.
☆父はおしゃべりな男は好きではありません / My father doesn't like a man who talks too much.
これらはどちらも特に難しい日本語ではありませんね。英語でも同じです。練習次第で自由自在に使えるようになります。この機会に、3時間で関係代名詞上手になりましょう。

 ●アテネ・フランセ「文法の日」特別セミナー開催報告
■開催日4月9日(土)
■会場アテネ・フランセ

★プログラム
 【英語編】「East Meets West〜冠詞と名詞と5文型〜」
■講師鈴木 朝美 氏 (アテネ・フランセ英語科講師)
セミナーレポート
 英語の文法事項の中で、難しい「名詞」「冠詞」、そして文法学習の中では基本事項であるとともに最も重要な「5文型」を扱いました。
 問題演習を行ないながら、日頃の英語学習の中で盲点となりがちな事項についてもう一度再確認していきました。受講生自身の今までの文法学習を振り返るよい機会になったのではないかと思います。
 恒例の教材の抽選会も行なわれ、2時間の授業時間が延長されるなど、34名の参加のもと、熱気あふれるセミナーとなりました。

★プログラム:【フランス語編】
 島崎貴則講師による「『文法』と『ことばの規則』のあいだ」
■講師島崎 貴則 氏 (アテネ・フランセ講師)
参加者の感想
athene島崎面倒で難しいものと捉えがちなフランス語文法を、単に守らなければならない規則ではなく、フランス語の習得に楽しく活かせるものと捉えるための工夫やアイデアを、主に発音の習得という面から、そして中国語など他の言語とも関連づけて提案した講義でした。質疑応答や、くじ引きで景品を当てるなどのコーナーも白熱し、大いに盛り上がった2時間でした。
発音と綴りの関係についてもう一度きちんと学習しようと思いました。言語には「音」が大事だということがよく理解でき、先生の話がとてもわかりやすく今後の勉強の指針になったなどの感想があり、大半の参加者に好評でした。 [参加者23名]

●島崎 貴則(しまざき・たかのり) ----- profiles
アテネ・フランセ講師
●主な著書
『ゼロからスタートフランス語』『ゼロからスタートフランス語単語』Jリサーチ出版

ウインドウを閉じる
Copyright © JAPAN ASSOCIATION FOR THE PROMOTION OF FOREIGN LANGUAGE EDUCATION