第5回「文法の日」セミナー

●文法の日とは・・・
 帯広の加盟校ジョイ・イングリッシュ・アカデミーの浦島先生の呼びかけでスタートした「文法を学ぶ日」です。
 毎年4月から5月に、全外協加盟校とその仲間が協力して、全国各地で文法に関するセミナーやイベントを開催します。

 語学学習に「文法」が大切なののはなぜでしょうか。
 その理由は「文法を正しく理解することで、正確な文章力が身につくと同時に、発話に自信がもてるようになり、会話力が向上するから」です。語学を学習する上で、文法を正しく理解することはとても大切なのです。

 英語、中国語、韓国語、イタリア語、フランス語など、言語の種類は問いません。「文法をもっと知りたい! 文法アレルギーを治したい!」そんな学習者の方々にぜひご参加頂きたいセミナーです。

 「こんなイベントだったら参加してみたい。」「こんなセミナーを企画してほしい。」などなど、みなさまからのご意見やリクエストも受け付けておりますので、どんどんご意見をお寄せください。
 加盟されていないスクールさんのご協賛も大歓迎です!

本件に関するお問合せ先: 全外協「文法の日」事務局
TEL:03-3354-2157  E-mail:zgk1991@topaz.ocn.ne.jp
 
 ●ジョイ・イングリッシュ・アカデミー 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日5月20日(日)
■会場ジョイ・イングリッシュ・アカデミーA館 203
■講師阿部 一氏(阿部一英語総合研究所所長、元獨協大学教授)
 開催日を4月から5月に変更して初となる「文法の日」。それを祝うかのような絶好の好天となりました。
 今年のゲストは、阿部一 先生。「単語」にフォーカスした【初級】【中級】の二講座に、約70名が集まりました。

★プログラム
【初級講座】 13:30〜15:00
単語でわかるやさしい英文法: 基本語が“しっかり”わかれば主な文法は“簡単に”わかって使える!
開催レポート
ジョイ/文法の日 阿部先生 まず最初に阿部先生は、一般的な「文法」というもののイメージを壊すことから話し始めます。このときはまだ半信半疑な参加者たち。最近の英語学習はパターンプラクティスのようにコミュニケーションが重視されているため、メカニカル(機械的な)ドリルが足りておらず、英語の本質的なものが抜けている、との指摘。そもそも英会話では、話し手と聞き手とが差している言葉が同じかどうかが大切なのであって、それを互いに理解させようとすることが、文法の最も重要な部分、と阿部先生は語ります。
 続いて阿部先生は実際に "Show me cat." という極めてシンプルな例文を挙げ、参加者にその意図を考えさせます。「ネコを演じて見せて」が正解です、と発表されるや、どよめく会場。そこでまず参加者の目から大きなウロコが一枚、はがれ落ちました。
 その後も簡単な例文を挙げながらの説明は続き、結論は、文法は単語と連動しているものである、ということ。全英語の約7割を占めるという名詞。中でも初級者にはまず、日常生活語の名詞をきちっと覚えることが大切、と阿部先生は強調します。名詞に影響を与える、いわばドラマの演出をするのが動詞の役割であっても、その動詞にも名詞として使うものも存在する。これは初級者にとっては新たな発見のひとつだったのではないでしょうか。
 「やりかたさえ正しくやれば、英語は絶対できるようになる」という力強い言葉が印象的なセミナーでした。

★プログラム
【中級講座】 15:30〜17:00
単語をこう理解して覚えると本当の英語の勘や文法力が身に付く
開催レポート
 二講座受講した参加者も多かったのですが、それでも聞き応えのあるお話でした。
 初級講座の内容を、ややレベルアップさせた中身で展開された中級講座。こちらも日常生活で使われる短文を日本語で参加者に与え、それを英語でなんと言うかを考えさせます。一般的によく使われがちな "when you 動詞"(〜するとき)という形の多用ではなく、"to+動詞"の感覚および文法を身に付けたい、と阿部先生。学校で学ぶような、SVOだとかSVOCなどという大掛かりな文法ではなく、単語を中心とした小回りの効く文法がより大切とのお話から、具体例へと講義は進んでいきます。
 英語が話せるということは、決して難しい単語や文法をたくさん知っているからできる、というものではないということ。限られた、知っている単語を磨いて、磨いて、光を当てて使えばいい。これに希望の光が見えた参加者は少なくはなかったでしょう。さらには、語彙数が増えるほど良い気がするけれど、知っているつもりの単語を自分の知らない使い方で相手に言われた途端わからなくなってしまう、というお話。これにドキッとした参加者は中級なら大勢いたのではないでしょうか。
 最後に、that/itの使い方の違いを、itが使えるときとthatが使えないときのシチュエーションを取り上げて説明。そこで残念ながら終了時刻となりました。
 日本人の英語は心地好くない。そう阿部先生がおっしゃる理由が身につまされるセミナーでした。

 終了後も参加者の阿部先生への質問は続きましたが、2コマ3時間のセミナーを終えてもなお、真摯に質問に答える阿部先生。各セミナー終了後の書籍販売コーナーには長い列が。阿部先生にサインしていただいた本を抱えた参加者たちは、また新たな気持ちで「英語頑張ろう!」という決意に満ちた瞳を輝かせ、会場を後にしていきました。
●阿部 一(あべ・はじめ) ----- profiles
阿部 一 先生応用言語学者。アイオア州立大学大学院修了。専攻は応用言語学。元獨協大学外国語学部、及び同大学院教授。現在、阿部一英語総合研究所所長。(財)語学教育研究所評議員。1994-95年、NHKラジオ『基礎英語3』講師。著書に、『ダイナミック英文法』、『「なぜ」から始める実践英文法』(以上、研究社)、『9割の日本人が使い方を間違える英単語101』(ジャパンタイムズ)、『アドバンストフェイバリット英和辞典』(共著、東京書籍)などがある。

 ●ハイツセンター・イングリッシュスクール 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月7日(土)
■会場ハイツセンターイングリッシュスクール2F ポラリスホール
★プログラム
[1]基礎編:11:00〜12:30(難易度目安 英検3級程度)
[2]応用編:13:00〜14:30(難易度目安 英検2級程度)
■講師山口 篤氏(ハイツセンター非常勤講師)
開催レポート
ハイツセンター/文法の日01 去る4月7日(土)、文法の日セミナーが開催されました。
 今年は初めてレベルを2つ設けたところ、基礎編13名、応用編25名の参加がありました。
 基礎編では、前置詞などのベーシックな用法が取り上げられました。
「アッという間のat!」など、山口先生お得意のジョークで、初心者の皆さんに、楽しんで文法に触れていただけたのではないかと思います。
 応用編は、難しいことにもどんどんチャレンジしたいという意欲満々な方が多く、山口先生もそのやる気に応えるべく、少々手ごわい文法問題を準備。頭が混乱しがちな no more [less] 〜 than... と not more [less] 〜 than...などの、比較級の構文を、「図」にし、イメージで理解できるような方法を伝授してくださいました。
ハイツセンター/文法の日02ハイツセンター/文法の日03

 各セミナーのあとは、毎年恒例、協賛各社からのプレゼントが当たる、お楽しみタイム!
 基礎編では、Animal Bingoを、応用編ではSEMINARという単語のアルファベットを使って、3分間でどれだけたくさん別の単語を作れるかというゲームと、ジャンケンゲームをしました。生徒の皆さん、景品をゲットするべくレクチャーよりも真剣な表情?!だったかも(笑)。
 このセミナーで、皆さんに少しでも文法で学ぶ英語の楽しさを知っていただけたらなら幸いです。
●山口 篤(やまぐち・あつし) ----- profiles
ハイツセンター非常勤講師。英検・受験・TOEICなど専門分野の大ベテラン。やさしく楽しく、時にジョークをはさんで文法の重要ポイントを解説してくれます。

イベント詳細はこちら↓
ハイツセンター・イングリッシュスクール「文法の日セミナー」レビュー:
http://www.hcenglish.com/events.html

 ●ジェイムズ英会話 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月10日(火)〜5月29日(火)
■会場ジェイムズ英会話 仙台校・盛岡校
★テーマ
「そこが知りたかった! 本当に言いたいことが伝えられる英文法講座」
英文法4〜8項目を取り上げ、文法の形だけでなく、イメージや使い方を身に着けてもらうような内容にしました。
それほど多くない人数でしたが、より詳しくみなさんの質問なども聞けたので、充実した内容だったと思います。
仙台校/日程とセミナー内容
■参加者:24名(計8回開催)
4月 10日(火) ★Be動詞と一般動詞
「自立人Be動詞と一人じゃ何もできない一般動詞」
17日(火) ★現在完了形と過去形
「しつこい性格完了形・さっぱり型の過去形」
24日(火) ★未来形
「あなたの夢が叶うかな?」
5月 1日(火) ★受動態
「日本人にぴったり 理数系人にもぴったり受動態」
8日(火) ★前置詞
「小さな力持ち 大活躍の前置詞」
15日(火) ★接続詞
「便利な接着剤」
22日(火) ★関係代名詞
「この木・どんな木・関係代名詞」
29日(火) ★仮定法
「歌で学ぼう仮定法 もしもアラジンの魔法のランプがあったら?」

盛岡校/日程とセミナー内容
■参加者:12名(計4回開催)
4月 21日(土) ★Be動詞と一般動詞
「自立人Be動詞と一人じゃ何もできない一般動詞」
★助動詞
「was able to = could ← これはウソ!?」
★使役動詞
「『髪を切ったよ!』 これ、どう言いますか?」
28日(土) ★現在完了形と過去形
「しつこい性格完了形・さっぱり型の過去形 使い分けは?」
★現在完了形と過去形
「『完了』、『経験』、『???』 あと一つは?」
5月 12日(土) ★受動態
「モノを主人公にしたら文章はどうなる?」
「○○○は、○○○されるんです」
19日(土) ★仮定法
「高校で挫折した人も。今リベンジを!!」
「歌で学ぼう仮定法 もしもアラジンの魔法のランプがあったら?」

 ●アテネ・フランセ 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月7日(土)・14日(土)
■会場アテネ・フランセ[千代田区神田駿河台2−11]
★プログラム 4/7 【英語編】:14:30〜15:20
■テーマ英語学習ダイアグラムと文法の位置付け
■講師大石美幸 氏(アテネ・フランセ講師)
開催レポート
アテネフランセ/英語編
 4月7日土曜日に2013年に創立100周年を迎えるアテネ・フランセにて「文法の日特別セミナー・英語編」を開催いたしました。アテネ・フランセで文法の日セミナーを行うのは3回目。おかげさまで4月の恒例行事として定着し、今年も英語編のみで69名の参加がありました。
 本年は大石美幸先生による「英語学習ダイアグラムと文法の位置付け」というタイトルで特別セミナーを行いました。そもそも文法とは何か、何のために文法を学ぶのかを「英語学習の全体像と、その中においての文法の位置」をわかりやすい図(ダイアグラム)で示し、このダイアグラムを英語学習の地図代わりに、改めて文法を学ぶことの意義を見つめ、自分の立ち位置を確認しながら、実際運用の役に立てようという趣旨のセミナーでした。
 参加者からは「今後の勉強の方向性が見えた」「短時間で文型の見分けができるようになった」「SVがいかに重要かが理解できた」等、2時間という短時間ではありましたが、文法の理解が進んだのみならず、今後の英語学習への指針が得られた旨の声を多く頂きました。
 セミナーの最後には恒例の抽選会が行われ、協賛各社様のご協力による教材がプレゼントされ、大盛況のうちに幕を下ろしました。

 ●渋谷外語学院・日伊学院 「文法の日」セミナー開催報告
■開催日4月1日(日)
■会場渋谷外語学院/日伊学院/欧日協会ドイツ語ゼミナール
★プログラム:10:00〜12:00
【日本語編】『日本人が知らなかった日本語の文法』
■講師西原 潤
■参加者3名
セミナー内容
ブンケイって何? イ形とナ形? 動詞のグループ分けって? て形? 自動詞と他動詞のペア? 受身? ヤリモライ? 「は」と「が」ってどう違うの?
shibuya01 日本人は言いたいことを日本語で自由に言うことができます。ところが、日本語を話さない人が、「日本語でこのことが言いたい!」と思った時には、何とかしてそのことを言い表さなくてはなりません。言いたいことが聞いている人に伝わるためには、みんなが従っている文の作成のルールに従って、文を作成しなければなりません。日本人ならだれでも無意識に知っているこの文の作成のルールを日本語学習者は意識的にであれ無意識にであれ、身につけなければ文を作成できるようにはなりません。いったいこの文の作成のルールってどんなものなんでしょうか?
参加者の感想
良かった。勉強になった。
 母語である日本語の文法を改めて勉強して新鮮でした。学生時代に学んだ文法を実用的な観点で見ることが出来、発見もいろいろありました。日本語の受け身には4パターンあるとか、「迷惑受身」など、日本の文化や考え方の違いが見られ、面白かったです。

★プログラム:13:00〜15:00
【フランス語編】『形容詞と形容詞のようなもの?』
■講師村上 裕門
■参加者4名
セミナー内容文法の日/フランス語編
形容詞と形容詞のようなもの?
 フランス語には、純然たる形容詞の他に、形容詞と同様の働きをする品詞や節(関係詞節など)が多くあります。名詞でさえ、形容詞として用いる事ができます。それらの紹介と実際に文の中でどのような役目を果たすのか、掘り下げてみましょう。
参加者の感想
良かった。勉強になった。
 自己紹介から始まり、とてもat homeな雰囲気で良かったです。E-mail Textが当たり、毎日読んでおります。(丁度文章が読みたかったので助かりました)

★プログラム:13:00〜15:00
【英語編】Uncountable nouns Usages of the word "the"
■講師Jo Kurosawa
■参加者4名
セミナー内容
Uncountable nouns Usages of the word "the"
 英語学習者が間違えがちな項目として代表的な不可算名詞や定冠詞”the”の使い方についてわかりやすく解説します。初級学習者対象。英語による講義です。
参加者の感想
これほど濃厚なレッスンとは思いませんでした。都合をつけてでも参加した甲斐がありました。勉強になりました。

★プログラム:15:15〜17:15
【英語編】“a / an / the”
■講師Jo Kurosawa
■参加者4名
セミナー内容文法の日/英語編2
“a / an / the”
 上級者でも迷ってしまうことの多い“a / an / the”についてわかりやすく解説します。上級者対象。英語による講義です。
参加者の感想
あっという間の2時間でした!

★プログラム:10:00〜12:00
【ドイツ語編】文法は人生ほど難しくない!
■講師Morten Hunke
■参加者15名
セミナー内容shibuya04ドイツ語編
『文法は人生ほど難しくない!』
 ドイツ語は文法が肝心。でも文法だけでは日々のさまざまなシチュエーションで実際にドイツ語でうまく表現することができません。Hunke先生が実例を挙げながら、文法の呪縛からみなさんを解き放ちます。
参加者の感想
ドイツ語による講義で内容は殆どわかりませんでしたが、systematicな解析でとても新鮮な内容でした。
内容は難しかったが、とても勉強になった。
とても良かった。定期的にやって欲しい。

★プログラム:15:15〜17:15
【イタリア語編】『時制は一致???』
■講師入江 たまよ
■参加者30名
セミナー内容文法の日/イタリア語編
『時制は一致???』
 イタリア語を始めると、早々にぶち当たるのが動詞のカベ。乗り越えたところで、次に待ち受けているのは時制の嵐…。日本人からすると、なんでこんなに複雑な人生をワザワザ選んでいるのか、ほんとに不思議ですよね。でも、ひょっとしたら、イタリア語のほうが理路整然としているのかも…私たちの日本語のほうが怪しくない?そんな疑問を一挙に解決!「文法の日」に動詞と戯れてみませんか?
参加者の感想
半過去、近過去の違いがよくわかりました。これから講座が始まるので参考になりました。
日本人にしては個性の強い先生ですね。はっきりおしゃべりをされるのでとても楽しかったです。
日本人にとって難しい文法等の注意点を別の機会にもお願いします。
分かりやすい内容で、楽しく受講できました。
すごく難しかったけど、わかるような気もしてきた。希望の光が!
テキストや文法書ではのっていない文法の考え方を教えて頂いてとても良かったです。
自学しているので、前もってだいたいの時制の構造がわかって有意義でした。
最初の方は難しかったですが、こういったことを勉強していくんだなと思ってとても参考になりました。
参考書を読んでも理解できないことを、とてもシンプルに説明してくださり感激でした。
非常に興味深いお話で勉強になりました。勉強の仕方等含めて、グラマーの取り組み方が少しわかりました。
入門者なので内容についてはよくわからなかったが、イタリア語のだいたいの感じが、先生のお話が面白く、つかめたような気がする。
思ったより楽しく聴けました。
会話のクラスではしゃべれず、聴き取れず、落ちこぼれ状態です。接続法の世界も未知のものですが、今日のお話を聞いて踏み込んでみたいと思いました。ありがとうございました。
入江先生のTV、ラジオ、本といつも勉強させていただいています。今日は大変感激しました。
とても楽しかった。なるほどと思うところが沢山あってよかった。

 ●SES周南英会話 第1回「文法の日」セミナー 開催報告
■開催日5月12日(土)
■会場SES周南英会話徳山校 桜木教室(3階)
★プログラム:14:00〜15:30
【第1部】『時制を制覇して文法の達人になろう!』
■講師枌原みどり氏(SES講師)
■参加者30名
【第2部】『ティーブレイク&トーク』
開催レポート
文法の日/SES 5月21日(土)、山口県のSES周南英会話にて、「文法の日」セミナーを開催しました。募集定員を超える30名の生徒様にご参加いただき、大盛況で幕を閉じました。
 第1回目となる今回のテーマは、「時制を制覇して文法の達人になろう」。第1部の文法セミナーでは、英語の「時制」のちょっと不思議な捉え方に焦点を当て、ネイティブの感覚について参加者の皆様どうしで活発に議論したり、英作文に挑戦したりして、盛り沢山の60分間でした。終了後、「非常に分かりやすかった」、「文法を改めて見直す必要があると感じた」など、様々なお声をいただきました。
 続く第2部では、飲みものとお菓子を囲んで、ティーブレイクタイム。リラックスした雰囲気のもと、ざっくばらんに英語学習のお悩みなどを意見交換する中、講師からは、レベル毎にお勧めの文法学習書の紹介もありました。そして、セミナーの締めくくりは、協賛各社からの豪華景品が当たる抽選会!お目当ての文法書獲得を目指して、エキサイティングなひとときでした。
 本セミナーの参加費は、東日本大震災の義援金として、全額寄付させていただきました。このセミナーを通して、文法の大切さを再認識していただけたなら幸いです。

ウインドウを閉じる
Copyright © JAPAN ASSOCIATION FOR THE PROMOTION OF FOREIGN LANGUAGE EDUCATION