第5回「文法の日」セミナー

●文法の日とは・・・
 帯広の加盟校ジョイ・イングリッシュ・アカデミーの浦島先生の呼びかけでスタートした「文法を学ぶ日」です。
 毎年4月から5月に、全外協加盟校とその仲間が協力して、全国各地で文法に関するセミナーやイベントを開催します。

 語学学習に「文法」が大切なのはなぜでしょうか。
 その理由は「文法を正しく理解することで、正確な文章力が身につくと同時に、発話に自信がもてるようになり、会話力が向上するから」です。語学を学習する上で、文法を正しく理解することはとても大切なのです。

 英語、中国語、韓国語、イタリア語、フランス語など、言語の種類は問いません。「文法をもっと知りたい! 文法アレルギーを治したい!」そんな学習者の方々にぜひご参加頂きたいセミナーです。

 「こんなイベントだったら参加してみたい。」「こんなセミナーを企画してほしい。」などなど、みなさまからのご意見やリクエストも受け付けておりますので、どんどんご意見をお寄せください。
 加盟されていないスクールさんのご協賛も大歓迎です!

 今年も「文法の日」をみなさまと一緒に盛り上げていきましょう!

本件に関するお問合せ先: 全外協「文法の日」事務局
TEL:03-3354-2157  E-mail:zgk1991@topaz.ocn.ne.jp
 
 ●ジョイ・イングリッシュ・アカデミー「文法の日」セミナー開催 レポート
■開催日6月2日(日)
■会場ジョイ・イングリッシュ・アカデミーA館 [北海道帯広市]
■講師今井 康人 氏 (立命館慶祥中学校・高等学校教諭、『ゼスター総合英語』監修者)
ジョイの「文法の日」、今年は初夏の緑が鮮やかな6月開催となりました。【初級】【中級】とも定員を上回り、帯広・十勝だけでなく遠く札幌市や北見市からの参加者も。どちらのセミナーも、今井先生が繰り広げる文法のみならず、わかりやすく、かつ具体的な英語学習法に頷くことしきりの参加者たち。スポーツマンらしい今井先生の気さくでフレンドリーな語り口が、参加者たちの英語への親近感を高めてくれた、そんな雰囲気の一日でした。

★【初級講座】 13:30〜15:00
英文法 〜こんなに楽しいものなのです〜
開催レポート
JOY_imai01.jpg 「学校の先生が悪いんです。私も反省しています」という言葉で始めた今井先生に、参加者からは笑いがこぼれます。車の運転ができるようになるためには練習が必要なのと同じで、英語も練習しなければ話せるようにはならない。そんな納得できる例を挙げ、英語がただの「知識」から「できる」ようになるための具体的な方法へと話は展開していきます。
 そして今井先生は「“説明する” は英語で?」と問いかけました。会場からは、ぼそぼそと回答の声。「explainです。はい、“説明する”は?」すると参加者たちは大きな声で「explane」。その後も今井先生は突然同じ問いを会場に投げかけます。始めは戸惑いながらも答える参加者たちでしたが、何度も問われるうちにその声がだんだん大きく、自信のあるものへと変わっていきました。
 この、何も見ずに自動でパッと答えが出てくること。それが快感なんです、と今井先生。また、自身の過去を交えて、英語を話す格好良い自分になろうと思うことの大切さについても語ります。初級者にとっては確かにこれも大切なことではないでしょうか。
 そうなるために、意味を理解している英文を音読し、英語を内在化させるトレーニングが必要、と説いた今井先生の指示により全員で Read and Look upを実際にやってみます。また右脳を使うための効果的な方法についても、今井先生の生徒の実例を挙げ、参加者に提案。これも特に初級者にとっては大いに効果が期待できそうです。
 最後に今井先生は言いました。「教科書や授業が悪かったわけじゃない。どれだけ自分のものにできたか、です」。
 ある参加者は、「とても面白かった。今日教わったやり方を取り入れてみようと思います」と楽しそうに話していました。今日の参加者がいつか札幌市内で今井先生に遭遇し「explain!」と声をかける日が来たなら、きっと今井先生も喜んでくださるのではないでしょうか。

★【中級講座】 15:30〜17:00
英文法 〜できるってやっぱり嬉しい〜
開催レポート
JOY_imai02.jpg 初級とは明らかにレベルを上げた話が展開した中級講座。両講座とも受講した参加者も少なくない中、こちらはアグレッシブな内容となりました。日本人が誤用しがちな例をいくつか挙げながらその解説。参加者たちも大きく頷きます。そして中級となると受け身ではいけない。積極的、攻撃的に。何も見ずに英語を言えるか・書けるか。つまり素手で戦わなければいけないのが中級者だ、との今井論はそこから、人生や世界に対しての日本人、という話にまで発展します。
 単に英語を学習するだけではなく、中級者ならば英語人として大切なのは、自分の脳が元気になるような生活に充分な睡眠、栄養。どう生きていくのか。英語を学んでいるならば日本代表である、という責任を背負うことだという意識。きっと参加者たちそれぞれの意識に残った言葉ではないでしょうか。
 そのためには、しっかりした英語で交流することが大事と言い、今井先生はそれをものにするための具体例を挙げていきます。ボイスレコーダーの利用、自分のノートを作り繰り返し見ること、絵のついた英文を読みあさる、感動的な文章を読む、等。また、中級者だからこそ「音にこだわる」こと、つまり嘘の発音をしないことも大事、と今井先生。参加者たちはメモを取ります。
 初期の段階で英作文をやるべき、と今井先生は言いながらも、中上級者も同様だ、と。ただ、ここまでくると読んで理解できるのは当然。日本語を英訳できるかどうかだ、ということで資料を使い実際に声に出して英訳してみます。徐々にレベルが上がっていく文章に喰らいついていく参加者たち。その光景はまるでスポーツのトレーニングのようでした。
 セミナー後、書籍販売コーナーには初級・中級とも大勢の参加者が集まりました。初級講座でのお話にもあったように、視覚効果の高そうな色使い・レイアウトの今井先生の著書。ネイティブが当たり前に使っている基本的な英文法がわかりやすくぎっしりと詰まっているその本は、参加者たちの明日からの英語学習の強い味方になってくれることでしょう。
 初級者・中級者とも、「文法の日」というだけあって多少構えて来場されたのではないかと思いますが、実際は文法だけに的を絞らず、英語学習を通じてどこを見たらいいのか、何を目指せばいいのか。そんな具体的な視野を広げてくれたような、そんなセミナーでした。さすがスポーツマンの今井先生! とても爽やかな「文法の日」でした。

 ●ハイツセンターイングリッシュスクール「文法の日」セミナー開催 レポート
■開催日4月6日(土)
■会場ハイツセンターイングリッシュスクール 群馬県高崎市
■参加者人数延べ50名
テーマ:
『英文法チェックポイント』
■講師山口 篤 氏 (ハイツセンター非常勤講師)
開催レポート
espace_03.jpg ハイツセンター講師で、翻訳家でもある山口篤先生のセミナー。
午前初級、午後中級の2レベルで行いました。
 初級は『ジョン万次郎の英会話』Jリサーチ出版から、万次郎の逸話を交えつつ、楽しく気軽に英語に触れる方法について。
 午後は翻訳家としての視点で、主語がない日本語の文章を、正しい文法で明確な英語に直し、さらにそこにどう感性をどう盛り込んでいくかのお話。
espace_04.jpg 参加者の皆さん、大変興味深くお話を聞かれたようです。下記に参加者からいただいたご感想のひとつをご紹介します。
 「日本特有の察する文化では、英語の言い回しに不足があることや、日本語の発想を英語に言い換える方法など、わかりやすくて勉強になりました。」
espace_04.jpg 協賛各社からの書籍や新聞などを毎回楽しみにされている参加者もいらっしゃいます。各レベルの最後にジャンケンゲームで、賞品をゲットするのですが、大変盛りあがります。過去に賞品が当たった事のある参加者さんから、とてもためになるとご感想をいただいています(マーフィーのケンブリッジ英文法)。
 espace_04.jpg

 ●ジェイムズ英会話「文法の日」実施報告
■開催日・会場・テーマ
ジェイムズ英会話 天童校 4月16日(火) 「仮定法」
ジェイムズ英会話 盛岡校 4月20日(土) 「仮定法」
ジェイムズ英会話 古川校 4月20日(土) 「現在分詞・過去分詞」
ジェイムズ英会話 仙台校 4月25日(木) 「品詞」
ジェイムズ英会話 米沢校 5月11日(土) 「主語と述語の一致」
■参加者人数計22名
  (天童校5名 米沢校3名 仙台校9名 盛岡校4名 古川校1名)
開催内容
 文法は難しくない、と感じる事が一番大切です。文法の日レッスンでは、自分の身の回りの事を表現し、文法を使いこなす練習をしました。
 例えば、仮定法は意味と基本の形、また仮定法のイメージを持つことで、使いこなしていくことができます。伝えたい内容を伝えるためのツールとして英文法に取り組んで頂きたいと考えています。
参加者の声
自分の文法知識の曖昧さに気が付く良いきっかけとなった。今後も勉強を続けていきたい。
参加する内に学生の頃に勉強した記憶がよみがえってきた。会話など実践で使えるよう練習していきたい。
単語だけでも会話が出来れば良いと思っていたのですが、そうではないことに気づきました。
楽しく文法が学べて続けて勉強したいと思いました。
堅苦しいと思っていた文法を楽しく学べました。
質問がたくさんできてよかった。会話のクラスよりも文法にじっくり取り組め、文法の面白さを感じた。
would/could/mightの使い方がよく分かりました。外国の人と付き合うときにwillwouldかきちんと聞くようにしたいです。
英会話に役立つフレーズを教えてもらい、ありがとうございました。

 アテネ・フランセ「文法の日」セミナー開催 レポート
★「文法の日」セミナー【英語編】
■開催日4月13日(土) 13:30〜15:20
■会場アテネ・フランセ[千代田区神田駿河台2−11]
■参加者人数72名
テーマ:
「これで解決、TOEIC(R)への文法」
〜国際テストにみる“美しい文法”〜
■講師高橋 良子氏 (アテネ・フランセ英語科講師)
開催レポート
 創立100周年を迎えたアテネ・フランセで4回目となる文法の日セミナー。
 今年は、当校英語科講師高橋先生によるセミナーを行いました。
 日ごろの当校でのTOEIC(R)対策指導や多くの執筆経験を踏まえて、英語学習者が日ごろ目にする「文法事項」というのはネイティブの感覚ではどのように捉えられるのかをアメリカの機関の作成するTOEIC(R)テストの問題文を題材にお話をいただきました。
 単に問題としてのみ見ていたものも実は、ネイティブの文法感覚を踏まえた文章であること、またそのような感覚に基づいて作られていることを知ることで実は問題も解きやすくなるなど日ごろの学習の姿勢を見直し、今後の指針となるセミナー内容でした。
 協賛各社のご協力による恒例の教材の抽選会も行われ、盛況のうちに2時間のセミナーは幕を閉じました。

★「文法の日」セミナー【フランス語編】
■開催日4月20日(土) 16:30〜18:20
■会場アテネ・フランセ[千代田区神田駿河台2−11]
■参加者人数165名
テーマ:
「意味と表現からみた文法」
■講師國枝孝弘氏 (慶応義塾大学総合政策学部教授)
開催レポート
 アテネ・フランセ100周年を記念して、初めて通常は映画の上映などで使用する4階講堂にて開催いたました。NHKラジオフランス語への出演で人気の当校講師、國枝孝弘先生が、「意味と表現からみた文法」をテーマにユーモアを交えて楽しくわかりやすい講義を行いました。参加者は過去最高の165名に上り、大盛況の中終了しました。アテネフランセの受講生のみならず、約三分の一は外部からの参加者で語学その中でも文法に関する関心の高さがうかがえました。

 ●外国語会話学校エスパス「文法の日」セミナー開催 レポート
■開催日5月19日(日)
■会場外国語会話学校エスパス 群馬県高崎市
■参加者人数17名
テーマ:
『英文法と仲良くなるためのヒント』
■講師浦島 久氏 (帯広 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長)
開催レポート
espace_03.jpg 文法の日提唱者 浦島久先生を講師にお迎えして、英文法を学びワンランク上の会話力を身につけるコツを教えていただきました。
 語学の4技能である「話す・聞く・書く・読む」ことを木に例え、木を支える幹の部分が文法・語彙・発音であるとし、その重要性をわかりやすく説明してくださいました。また、英語を学ぶための目的・目標も大事であること、会話を弾ませるためには、知識が必要であることなど、効果的に語学を習得するためのエキスがたくさん詰まった内容でした。
espace_04.jpg 参加者は小学生から社会人までと幅広く、音読や英作文にチャレンジしたり、じゃんけんで参加特典をもらったりして、楽しく過ごしました。
 最後にアマチュアの写真家でもある浦島先生が撮影した豊頃町の「ハルニレの木」の四季折々の美しい写真と素敵な音楽で癒やされるひとときを共有しました。
 浦島先生、日曜日にも係わらず参加してくださった皆様、ありがとうございました。
↑写真上:参加者プレゼントは誰の手に?
←写真左:浦島久先生とエスパスの佐藤公彦学院長


 ●渋谷外語学院・日伊学院 2013年「文法の日」開催 報告
■開催日4月28日(日)
■会場渋谷外語学院/日伊学院/欧日協会ドイツ語ゼミナール
■参加者人数62名
【英語編】:13:00〜15:00
『句と節こそ、文法の神髄!』
■講師北島 力一
■参加者8名
参加者の感想
shibuya01とても良い講座で役に立ちました。
とても分かりやすかったです。
セミナーの内容はとても勉強になった。
全体的に分かりにくかった。



【イタリア語編】:【1】10:00〜13:00 【2】14:00〜17:00
【1】Modi indefiniti: 不定法
【2】Discorso diretto e indiretto: 直接話法・間接話法
■講師Faliero Salis
■参加者22名
参加者の感想
shibuya03私には難しいところもありましたが、とても分かりやすく勉強になりました。
速いけど、全てイタリア語で良かった!もう少し事前に知っておくとよい文法を教えて欲しい。続きを是非!
とても充実していました。
イタリアで勉強したテーマでわからなかった部分が明確になり、大変勉強になりました。
楽しいレッスンで充実していた。午前、午後両方を受講したが、3時間、3時間は集中力が途切れ、少し辛かった。
Bravissimo!! 簡単でもいつも間違えるような短文の作り方を、ひとつひとつその場で直してくださるので本当に良かった。文の作り方の骨格を教えてもらって、得難い機会だった。

【ドイツ語編】:前半10:00〜12:00 + 後半13:00〜15:00
「ここだけは押さえておこう!ドイツ語文法」
■講師Versuemer
■参加者4名
参加者の感想
shibuya04先生の授業を受けたいと思いました。
文法が苦手なので、再確認できて自分的には良かった。ただ、まだ勉強を始めたばかりの方には詰め込みすぎている感じがした。
復習もあれば、知らなかったことも沢山あり有益でした。授業はやや早めでしたが、早い方ががんばれるので良いと思います。先生は素晴らしい!
とても勉強になりました。先生の教え方は分かりやすいです。少し早かったですが、また次回を楽しみにしています。
内容がよく整理されていて、とても役に立ちました。受講料の安さを考えるとすごく有難いです。

【ポルトガル語編】:13:00〜15:00
初心者対象「ポルトガル語の要“動詞”のはなし」
■講師加々美エレーナ
■参加者4名
参加者の感想
短い時間で文法を学ぶのは難しいと思いましたが勉強になりました。

【中国語編】:13:00〜15:00
「たくさんの補語のまとめ」
■講師王 淑敏
■参加者1名
参加者の感想
shibuya05熱心でフレンドリーな先生に恵まれ、また個人レッスンとなり最高の2時間でした。





ウインドウを閉じる
Copyright © JAPAN ASSOCIATION FOR THE PROMOTION OF FOREIGN LANGUAGE EDUCATION