pagetop

全外協とは

HOME > 全外協とは
ごあいさつ

代表理事
一般社団法人全国外国語教育振興協会
代表理事 道明文夫(どうみょうふみお)

 全国外国語教育振興協会(全外協)は、1989年、当時の文部省 生涯学習局(現文部科学省 総合教育政策局)が行った「民間外国語教育施設の実態調査」協力校のうち有志6校が設立準備を進め、1991年9月11日、正会員26校が結集し、任意団体として発足いたしました。
 会員は「同業者の自由競争を妨げることなく協調し、切磋琢磨する」という理念のもと、全外協安心マークを掲げ、経営者セミナー、語学教育施設視察、外国語講師トレーニング、外国語学習者向けセミナー等の事業を通して、日本における民間外国語教育施設の健全な発展と生涯学習としての外国語教育の普及と促進に努めております。
 インバウンドや生活者としての外国人の急増、企業・地方自治体等での外国人材の採用、教育分野における早期英語教育、大学入試改革、海外留学の奨励等、様々なステージで、それぞれの役割やニーズにあった実践的な外国語の習得が求められる時代となりました。 とりわけ、国際社会を担う「子どもたち」に対する外国語教育は公教育と民間教育の連携と協働により、大きな成果に繋がると確信しております。
 全外協は国と時代の要請に応えながら、民間外国語教育施設が培ったノウハウを活かし、創意工夫を凝らした学習環境を整備することによって、日本の外国語教育のさらなる充実と発展に貢献してまいります。
 今後とも皆様方のさらなるご指導とご支援をお願い申し上げます。

設立趣旨

 日本の国際化が加速し、多種多様な国際交流の場で外国語を使う機会が増えています。 生涯学習として外国語を学ぶ方々のニーズにあった学習環境を醸成することは民間の外国語学校の責務であり、効果的な教授法や教本の研究、教員の研修はもとより、公正な受講契約の締結等、教育とビジネスの両側から「安心して学習できる環境をつくること」が求められています。このような時代の要請に応えるべく、志を同じくする民間の外国語学校が協力しあい、安心して学ぶことができる学びの場を提供することで、生涯学習としての外国語教育の振興と国際人の育成に貢献することを目的としています。

事業内容

 語学学習者が安心して学ぶことができる環境の醸成を目的とした事業。

語学学習者向けセミナー、イベントの開催
語学学校講師向け勉強会の開催
語学学校経営者向け勉強会の開催、語学学校(国内・海外)視察
一般社団法人 全国外国語教育振興協会組織案内
事務所 東京都新宿区四谷本塩町7番9号-107
設 立 1991年(平成3年)9月11日
代表者 代表理事 道明文夫 公益財団法人日本英語検定協会元理事長
会員数 正会員80校(約1000教室)賛助会員20社 特別会員1団体 ※2020年1月現在
全外協ロゴマーク

 全外協入会資格にそって運営状況(教育理念、施設の環境、教授内容等)を審査します。ご加盟頂きますと、安心して学べる語学学校の証「安心して学べる全外協加盟校マーク」を掲示することができます。語学学習者はもとより、企業、官公庁、各自治体等の間で語学学校選びの判断基準として認知度が高まっています。

言語という核の扉が開き、受講者と加盟校の無限の可能性が芽生える様子をイメージ。また、健全な外国語学校の組織として大きく飛躍していくパワーとエネルギーを表現しています。
下の楕円の赤色は「日本」とそのエネルギーを、上の緑色は「安心」を意味しています。

主な事業実績

東京都「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座への講師派遣(全講座)

期間:2015年7月~2020年3月
東京都より講師派遣業務を単独で受託。
オリンピック・パラリンピックを見据え、外国人観光客等が安心して東京に滞在できる環境を整えるために、東京都が講座を開催。全外協は講師派遣面で全面的に協力し、おもてなしの心に溢れる講師を全講座に派遣。
受講者数:約5万人
講座担当数:おもてなし講座約1,500回、語学講座約2,000回
おもてなし講座(3時間30分):コミュニケーションの基礎知識や外国人への「おもてなし」の心などを主にグループワークで学習。
語学講座(2時間):道案内等での簡単かつ定型的な会話力を身に付けるため、テキストとロールプレイングで学習。
関連ウェブ:
東京都外国人おもてなし語学ボランティア
2015.12.25プレジデントオンライン「イーオン社長とゆかいな仲間たち 〜なぜ東京都が「語学ボランティア」を育成するのか〜」

外国人講師トレーニングセンターの設置・運営

期間:2014年9月~2016年2月
語学スクールにおいて、外国人講師の研修は重要でもあり、同時に大変な業務の一つ。経営者の悩みを解決するため、全外協では外国人講師トレーニングセンターを開設。日本で英語を教えるための基本情報や注意事項から、実際に必要なスキルやテクニックまで、プロフェッショナルとしての誇りと自信をもっていただくため、約8時間のWEBトレーニングを設定。修了テストで合格点を取得することで、全外協より認定証を授与。

オーラルコミュニケーション検定 SITE(Standard Interview Test of English)の開発・実施

期間:1998~2007年
文部科学省からの委嘱で実施した研究成果をもとに、日本英語検定協会と共同開発したスピーキングテスト。
単語力や文法力に留まらず、社会生活やビジネスで相手の意図を理解するスキルやそれに対応する表現力など、総合的なコミュニケーション能力を多面的に測定。コミュニケーションに特化したテストの先駆けとして、個人受験のみならず、学校や企業等の団体実施を通じて高校生から社会人まで多くの方が受験し、進学や就職などの資格としても利用された。
試験内容:ネイティブインタビュアと1対1の自由会話とロールプレイ(約15分間)/インタビュー映像を複数の専門採点者が採点
会場:全国10都市で開催(全外協加盟校での受験)/団体受験は随時対応
結果:ネイティブレベルのAから初歩レベルのEまで7レベルで評価。Certificateと学習アドバイスを記載したReport Cardを送付。

沿革と活動
1991年 ・任意団体 全国外国語教育振興協会 設立
・初代会長に木田宏氏(元文部事務次官)が就任
1992年 ・通商産業省「継続的役務取引適正化研究会」に参加
1993年 ・文部省委嘱「生涯学習社会における民間外国語教育施設の在り方に関する調査研究―外国語教育施設実態調査―」実施
・全外協ガイドブック創刊
1994年 ・「民間外国語教育施設の運営に関する自主規制ガイドライン」制定
1995年 ・「安心して学べる全外協ロゴマーク」作成
1997年 ・文部省委嘱「英語のコミュニケーション能力の客観的測定証明方法等に関する調査研究」実施
1998年 ・オーラルコミュニケーション検定「SITE」(Standard Interview Test of English) 開始
1999年 ・通商産業省「サービス評価システムの在り方に関する調査研究会」参加
2000年 ・文部大臣私的懇談会「英語指導方法等改善の推進に関する懇談会」参加
2003年 ・社団法人認可(所管 文部科学省 生涯学習政策局 生涯学習推進課)
・初代理事長に井上和子氏(元神田外語大学学長)が就任
2006年 ・「文法の日」制定
2009年 ・全外協経営診断集「失敗事例から経営のコツを学ぼう」作成
2010年 ・日本生産性本部 サービス産業生産性協議会 委託「語学教室における顧客満足度向上のための相談対応高度ワーキング・グループ」に参加
・冊子「顧客対応の向上に向けて」発行
2012年 ・設立20周年記念式典開催
2013年 ・一般社団法人へ移行
2014年 ・文科科学省「民間教育事業者における評価・情報公開等の在り方に関する調査」協力
・外国語講師トレーニングセンター(ウェッブトレーニング)開設
2015年 ・東京都委託 「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座へ講師派遣
2018年 ・「全外協英語の日」開始
民間教育団体連絡協議会を設立
最上部へ